shin103の日記

飲食で働く男の日常

死ぬこと以外かすり傷③

今やれよ!

クリスティアーノ・ロナウドのようになりたい」と夢見るサッカー部の少年が

せっせと上級生の球拾いをしていても、

永遠にクリスティアーノ・ロナウドにはなれない。

一流のサッカー選手になりたければ、誰よりもボールを蹴る以外に方法はないのだ。

 

自分で手を動かし物を作って、人々のリアルな反応を見て一喜一憂しながら、成長していくのが一番手っ取り早い。

 

 

人の何十倍も努力しろ、と言うけれど、人間はみな平等に24時間しか持っていない。

 

不眠不休で働いたとしても、時間で考えるとせいぜい人の2倍しか努力はできない。

では、どこで差がつくか

それは「昨日までできなかったことをできるようにする」ということを日々積み重ねることだ。

時間は有限だ。人はすぐ死ぬ。

だから「今やれ」

 

 

「スピードは熱を生み、量は質を生む」

本当に忙しくすれば、無駄なことはどんどん切り捨てざるを得なくなる。本質的な仕事だけが残っていく。次第に生産性が上がっていく。

 

時間があればいいというものではない。制約がイノベーションを生む。追い込め。スピードスピードスピード!誰も見えない速さで駆け抜けろ。

 

 

本当に箕輪さんのこういうフレーズ、

勢いが半端ない!

ダラダラする暇なんか無いんでしょうね。

 

逆にダラダラしている方が疲れるかもしれません。(仕事が暇なときほど、疲労が溜まる気がする。忙しく勢いがある方が、あっという間でノってくる。)

 

やりたい事を片っ端からやる、

「昨日出来なかったことを出来るようにする」

コツコツと積み上げます。